文字サイズ変更

電子署名について

電子署名とは

電子署名とは、従来の手書きによる署名や押印に代わるもので、電子文書の改ざん検知を可能にする技術です。インターネット版官報では、平成15年(2003年)7月15日付官報から、PDFに電子署名を付与しています。

平成29年(2017年)5月8日付官報からは、政府認証基盤(GPKI)の官職証明書による電子署名を付与しています。

電子署名の有効期限内にAdobe Acrobat Reader等のアプリケーションでPDFを閲覧すると、次のように表示され、署名の有効性が確認できます。

電子署名が検証できない場合

政府認証基盤(GPKI) の官職認証局の自己署名証明書は、Adobe 社が提供している信頼済みのルート証明書の一覧に含まれています。

電子署名が検証できない場合は、Adobe 社が配布している信頼済みのルート証明書をダウンロードする必要があります。詳細は、Adobe Acrobat Reader等のヘルプまたはAdobe 社のサポート情報をご確認ください。

電子署名の有効期限について

政府認証基盤(GPKI)の官職証明書による電子署名は、有効期限が3年と定められています。

有効期限が切れる電子署名は、失効処理を行います。詳細は、電子署名の失効情報ページをご確認ください。